長谷寺

住所 鎌倉市長谷3-11-2
電話番号 0467-22-6300
営業・拝観時間 8:00-17:00(冬期は16:30)
料金 300円

 長谷寺は、日本最大級の十一面観音立像で知られる、人気の寺です。鎌倉有数の花の寺としても知られ、梅雨の時期のアジサイを始め、四季折々に様々な花が開き、拝観者を楽しませてくれます。
 境内には、昨年10月にリニューアルオープンした博物館「観音ミュージアム」が観音堂の向かって左手にあります。ここでは、銅像十一面観音懸仏や梵鐘(いずれも国指定の重要文化財)を拝観できます。
 境内の由比ヶ浜を一望できる場所には、「お食事処海光庵」があり、うどんやパスタが楽しめます。

鎌倉の今を伝えるメールマガジンの登録はこちらからどうぞ。

登録

トピックを詳しく紹介

 長谷寺本尊の十一面観音は、像高9.18mある日本最大級の仏像です。この本尊は、721(養老5)年、奈良長谷

長谷寺山門

長谷寺山門

寺の十一面観音像と同木のクスノキから彫られ、一体は奈良長谷寺の本尊とし、もう一体は海に流され、三浦半島長井の浜に漂着したのを鎌倉に安置したのが、鎌倉の長谷寺の始まりと伝わっています。
 広大な境内には、本尊を安置する観音堂の他に、阿弥陀堂、大黒堂、経蔵などが建ち並んでいます。山門を入って右側には弁天堂があり、その奥の崖の弁天窟は弘法大師が参籠した洞窟と伝わり弁財天と十六童子が壁面に彫られ内部を一周できるようになっています。
 花の寺としても有名で、出かける前に長谷寺のウェブサイトの花ごよみを確認するとよいでしょう。6月のアジサイの時期には眺望散策路に沿って植えられたアジサイを目当てに長蛇の列ができ、入場制限がされることもあります。

鎌倉の今を伝えるメールマガジンの登録はこちらからどうぞ。

登録